ウェブアクセシビリティ方針

NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会は、メディアにおけるユニバーサル・デザインの普及・啓発のために、「やさしい、まなざし計画」をスローガンに掲げて、2008年1月に設立されました。

当協会では、メディアを利用する方々の側に立って、必要とされる情報を分かりやすく伝えることを目的としています。

例えば、「デザイン」、「文字の使い方」、「色の使い方」などに様々な配慮や工夫を加えることによって、高齢者、障がい者、色覚障がい者などを含む全ての利用者の皆さんにとって使いやすく、見やすいメディアの提供が普及することを目指し、メディアのエキスパートとしてより良い社会づくりに貢献したいと考えています。

当協会のウェブサイトにおいても、障がい者の情報へのアクセスを保障する重要性の高まりやインターネットの利用環境の多様化などをふまえ、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでまいります。

具体的には、日本工業規格「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」を品質基準として、当ウェブサイトをより快適にご利用いただけることを目指しています。

目標とするレベルと対応度

「JIS X 8341-3:2016」レベル AAに準拠。

本方針における「準拠」という対応度の表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン – 2016年3月版」で定められた表記による。

対象範囲

NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会のウェブサイト(https://www.media-ud.org/)全体。ただし、PDFファイルは対象外とします。

更新履歴